多くの人が使っている自立立体駐車場

利便性も抜群です!

立体駐車場を導入する事で駐車スペースを拡大出来る

time 2021/06/24

立体駐車場を導入する事で駐車スペースを拡大出来る

車は現代人にとって欠かせない足であり、交通手段です。企業が所在するビル、マンションや団地などの集合住宅、スーパーやショッピングモールなどの商業施設といった大規模な建物のほとんどには、従業員・住人・利用客向けに駐車スペースを設けています。大規模な建物であるほど、多くの人々が利用し易いようにするには、駐車スペースの確保は必須です。しかし、平地に設置している駐車場は、土地の面積に比例した駐車スペースしか確保出来ません。

その問題を解決するのが、立体駐車場です。立体駐車場は、ドライバーがスロープを昇り降りして車を駐車する自走式、油圧装置と昇降機で構成された設備によって車の移動を機械的に行う機械式があります。いずれも、立体駐車場としてはポピュラーな仕組みです。機械式は、2階式のように団地やマンションで見かけるタイプやタワーパーキングのような多階層タイプが存在しています。

専用の機械を使って車の出し入れをする必要があるので、導入コストやランニングコストは高くなりますが、いたずらや車の盗難を防ぐ効果があります。自走式は、駐車スペースが階層毎に設置されていて、それを繋ぐようにスロープが設けられているので、移動がし易い構造です。機械式のような車の出し入れに手間がかかるわけでは無いので、設置をした企業や管理者、施設の利用者のいずれもがメリットを感じられます。導入コストが機械式よりも低いので、企業の多くは自走式立体駐車場を導入するケースが多いです。

down

コメントする




機械式立体駐車場