多くの人が使っている自立立体駐車場

利便性も抜群です!

立体駐車場についての説明文

time 2021/06/21

立体駐車場についての説明文

立体駐車場とは、建築物や機械装置などによって多層化または立体化した駐車場のことです。これには、目的の階まで自分の手で走行して駐車する自走式駐車場に、駐車装置を操作する形で車を移動させ、出し入れする機械式型の二種類があり、自走式や機械式もまた細分化することができます。機械式はタワー式と二段式、多階式に分けられ、自走式はフラット式とスキップ式、連続傾床式に分けることができます。また機械式は数台から数十台と、小規模の駐車場に採用されることが多く、自走式はショッピングモールのように大きな施設などで用いられることが多いです。

むしろ、大きな施設でしか使えません。自走式は、広大な土地を必要とするからです。ランニングコストも大きく異なります。当然ですが、自走式にも点検に要する費用は存在します。

ですが、機械式はそれの比ではありません。機械を用いる都合上、小規模であっても自走式立体駐車場よりも高額の金銭をメンテナンスについやさねばなりません。この点から、自走式立体駐車場も機械式駐車場も一長一短、適材適所であると言えます。防犯という意味でもそうです。

自走式の防犯性は平面駐車場にこそ勝っていますが、それでも車上荒らしや盗難などの被害は発生しやすいです。ですが機械式はきちんと収容する関係上、防犯性が非常に高いです。荷物を取り出すにも一々機械を操作する必要が生じるものの、それは逆に車上荒らしにも会い辛いということを意味します。

down

コメントする




機械式立体駐車場