多くの人が使っている自立立体駐車場

利便性も抜群です!

立体駐車場を利用するうえでの注意点

time 2021/06/09

立体駐車場を利用するうえでの注意点

皆さんは買い物や都会のマンションなどで自動車を駐車する際に不便を感じたことはありますか。例えば、マンションの場合駐車スペースが少なくて駐車しにくいなどがあげられます。ここで立体駐車場という、自動車をより多く収納するために開発された駐車場があります。具体的には、マンションなどの建設物や機械装置によって自動車を立体的に駐車するものを指します。

立体駐車場にも複数種類があり、自走式と機械式です。自走式は、止めようとしている目的の階まで走行し駐車する所です。一方機械式は名の通り駐車装置を利用して、車を出し入れする所です。なぜ種類が分かれているのかと疑問に思った方もいらっしゃると思います。

実はそれぞれでメリット、デメリットが異なります。例えば機械式の場合は、走るスペースが不要なので、決まった範囲に止められる自動車の台数が多く、上段にある車は、盗難の確立が下がる反面、車の出し入れが大変だったり、車高制限があるため利用できない場合があるということです。自走式は自身で車を出し入れするので、機械式より早くできます。しかし、走るスペースが必要なので、機械式よりも土地の確保を必要とします。

よって土地代が高い場所では、総予算が高くなってしまいます。このように立体駐車場の中にも様々な環境に対応するために種類が多いです。機械式には、メンテナンスなども駐車費用にふくまれる場合があるので、契約時にしっかり確認しましょう。

down

コメントする




機械式立体駐車場